『1枚80円、さしみ300円、懐石4000円?』〜たかが蒟蒻、されど蒟蒻〜

読んで、すぐに役立つ、販促テクニック

●●●●●●●●●●●●●●●●●●

販促の“反則技”50

お金をかけずに、アイデアと知恵で集客や

売上げを伸ばしていくための50のアイデア

●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

このブログもおかげさまで、ついに30号を迎えました。最近は月曜配信がなかなかできていませんが、皆様からいただく反響が原動力になっています。ぜひとも小野寺に愛の手?を差し伸べてください。

 

販促の反則技 エピソード30

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『1枚80円、さしみ300円、懐石4000円?』

〜たかが蒟蒻、されど蒟蒻〜

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

前回は『あなたは、犯罪に関わっている』と題して、グーグルのサービスが思わぬところで問題になり、万全のサービスがリスクに変わっているという話をさせていただきました。今回は、趣を変えて東北の『売り方が面白い』企業をピックアップしてみたいと思います。

 

山形の小さなお店の画期的なビジネス。

みなさんは、こんにゃくはお好きですか?嫌いな人も少ないと思いますが、大好物だという人もいないのではないでしょうか?低カロリーでヘルシーということで、特にダイエットに興味ある女性に人気がありますよね。

では、みなさんはどうやって召し上がっていますか?煮物に入れたり、田楽にしたりという従来の調理法から、最近は刺身こんにゃく、こんにゃくそば、こんにゃくご飯など、こんにゃくを使った製品が人気で、スーパーなどに並んでいます。そもそも、こんにゃくには香りや味がなく、料理の脇役のイメージが強かったと思います。しかし、群馬の友人に聞くと、こんにゃく作りは非常に難しいらしく、おいしいこんにゃくはなかなかできにくいとも聞きました。

そんな中で、山形県上山市にある「楢下宿  丹野こんにゃく」という会社の『こんにゃく番所』というお店をご存知でしょうか?宮城県から峠を超えて入る山間の小さな集落にあるお店です。私は、15年ほど前から好きで通っていますが、ここは『どう売るか?を本当に考えているなあ』と感じさせてくれる素晴らしいお店です。

 

味がない・・から、いろいろできる味

たとえば、さしみこんにゃくにしても岩海苔を練り込んだ磯の香り漂う海苔さしみこんにゃくや昆布で巻いた昆布巻きさしみこんにゃく、そしてイメージしづらいと思いますが甘エビ風さしみこんにゃくなどがあります。また、こんにゃくの牛しぐれ煮、キムチこんにゃく、黒豆風こんにゃく、メンマこんにゃく、数の子風こんにゃく、牛肉巻こんにゃく、山菜巻こんにゃく、にしん巻こんにゃく、そして、こんにゃくそば、珍味こんにゃくイカ味、さらにデザートとして、こんにゃくみぞれ(ラ・フランス)、こんにゃくみぞれ(りんご)など豊富なラインナップで、これでもか!というほどのこんにゃくのオリジナル商品です。

こんにゃく番所では、こんにゃく懐石として1575円〜4200円(税込)のコース料理があります。ちなみ3150円のコース内容は、食前酒・煮物・酢の物・盛り合わせ・強肴・お造り・吸い物・揚げ物・こんにゃくにぎり・焼き物・こんにゃくそば又はこんにゃく粥という内容で、全ての料理にこんにゃくが原料になっています。また、サービスの焼き鳥風こんにゃくと山形名物・玉こんにゃくも絶品です。イメージが湧きにくいと思いますが、まずは足を運んで食べてみてください。さらに、料理を運んでくれる仲居さんがすべての料理を説明してくれるので、知らないで食べ終わることもなく、楽しみながら落ち着いて食事できる素晴らしいお勧めのお店です。私も過去に何十人とお連れしましたが毎回喜んでいただけるお店です。

『こんにゃく番所』に行くたびに思うのですが、普通のこんにゃくがスーパーで1枚80円、アイデアと工夫の創作こんにゃくを懐石料理として、1575〜4200円。同じこんにゃくなのに、売り方で全く違うビジネスになっていると感じます。もちろん、そこには優れた商品開発力があってのことですが、普通のこんにゃくとして売っていたらスーパーに叩かれながらの価格競争になっているのに、丹野こんにゃくさんは、いまでは全国の高島屋・三越・東急などに売店を持つこんにゃくの有名店になっています。そしてそのパンフのキャッチコピーが洒落ていて心憎いのです。『たかが蒟蒻、されど蒟蒻』。

同じこんにゃくでも、売り方でこんなにも違う。ビジネスは、狭く深く考え続けていくと、ここまで行き着くのか?と考えさせられること、間違いなしのモデルになっています。機会があったら、ぜひ、食べてみてください・・いや、体験してみてください。

 

今日の確認30

みなさん、自社の商品やサービスを、狭く、深く考えて、他にできない作り方、売り方ができないか?もう一度考えてみませんか?売り方次第では新しい道が開けるかもしれませんね。

 

 

〜小さく考え、大きく動かす〜

販促&広告アドバイザー

小野寺豊